読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも人生は絶望をつれて

生きていると、急に精神が不安定になって死んでしまったらリセットされるんじゃないかとか思う時がある。

でも死んでしまうのはなんか違う気がするから、そういう時は歌を口ずさみながら自転車に乗って走りたくなる。

星野源は、生まれ変わりがあるのなら人は歌なんて歌わないさ と歌う。

僕はときどき歌を歌いたくなる。生まれ変わりがあれば楽だけど、心の底ではこれが全てだと分かっているから。悲しいけど。

死なないのなら、最後には何処かしらの場所にたどり着く事になるのだろう。

どれだけ音楽を聴いても、楽器をしても、映画を観ても、写真を撮っても、それが全く無意味な場所へ向かっていくような、そんな予感で空しくなるけど。

それでも生きるのならば。

星野源は歌う。物語つづく 絶望をつれて、と。