読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地響きがするぜ

クリスマスイブですね。
そして年末ですね。

実家に帰ってきました。

ところで、実家の向かいに今はもう古くなって誰も住んでない集合住宅があるんですが

そいつがとうとう防音シートに囲まれ、取り壊される工事真っ最中

もう跡形はほとんどなく、あとは基礎部分を残すのみくらいの状況

その基礎を掘り起こす工事で、実家はけっこうな騒音と地響きをくらっている(まあ仕方のない事ですね、工事のおじさんたちメリークリスマス‼)

思い返せば定期的に自分は地響きをくらっているような気がする

思い返せば地響き

(いや特に何もないです、はい。)

中学生の時は校舎の建て替えで、プレハブの仮校舎で勉強しながら、
勉強をしながら
隣で壊されている旧校舎からの地響きをくらっていた

高校生の時は、隣にある さら地だった工場跡地に新しい工場が建設される工事で地響きをくらう(しかも3年の時は工事現場に一番近い教室だった)

大学に入ると一人暮らしを始めたマンションの部屋がボイラーの近くで低音がジリジリ響いているし、けっこうな頻度で周囲の道路が工事を開始したし

大学一回生の時はキャンパスの建て替えがあり、旧キャンパスの取り壊し工事で地響きをくらった

二回生の時には、講義で長机の逆端に座ったやつの貧乏揺すりが激しく地味に響いてくる

そんなこんながあり今日に至るわけである

思い返せば地響き