読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スロウ

成長ってしなきゃだめ?

第二次世界大戦後、日本はものすごい勢いで経済成長をしてきた。
東京オリンピックを開催し、焼け野原を高層ビルで埋め尽くし、世界トップレベルの技術力を持つようになった。

先進国にキャッチアップを果たし、これまでのような急成長は勢いを緩めた。
自然なことである。

でも何故かあの頃のような成長を続ける状態が正常であるという空気がある気がする。

多少貧富の差はあるけど、
識字出来ない人はまずいないし、
スラム街のような場所もない、
世界的にみても安定した国である

なのに急いで成長する理由って何?

世界との経済競争で負けないため?

日本より国土が狭く、人口も少ない。
海に囲まれてなく水産資源が全くない。
それで日本みたいに朝早くから夜遅くまで働かなくても普通に生活をしている国はある。

アメリカや中国に負けないため?

そもそもあんな面積も人口も馬鹿デカイ国と同じ土俵で戦ってに勝とうとするから一人が一人以上働かなくてはいけなくなるんだ。
重量級が別なんだよ
面積も人口も違う国単位で競争なんて

そんなに勝ちたいの?

普通に暮らせればいいじゃん。

過剰に働かされるために、
それを支える過剰なサービスが生まれて、
いつかエンストするんだ
っていうか至るところでエンストしてんだ

生き急ぎすぎなんだよ
もっとゆっくりでいいのに

僕が小学生になる前くらいの頃は、お正月にスーパーマーケットなんて開いてなかった。
だから年末におせち料理をつくってお正月に食べていた。(縁起的な意味もあるけど)

それが今はお正月からスーパーは開いてるし、ハンバーガーも牛丼も食べられる。
ただお正月だから おせちを食べて気分を味わうだけ。

ロシアでメイドインチャイナのマトリョーシカをお土産に買ってくるような
仙台へ行って東京や大阪にもあるチェーン店で牛タンやずんだ餅を食べて現地感を味わってるような(前に仙台行ったとき牛タンとずんだ餅食べた店が両方大阪にも出店してると後から知って何とも言えない気分になった)

それに似た気分。

いつか毎日気温が過ごしやすい25℃くらいにコントロール出来るようになったら、人工的に開花させた桜でお花見気分を味わう未来になるかもしれない。

みんなお正月は休めばいいんだよ。
定時に帰ればいいんだよ。