読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんな風が吹かなかったり

いつも言われる事がある。

「そんな風に見えない。」

面接に行って、ドラムやっていましたって言うと、''そんな風に見えない''ってほぼ100%言われる。

大学で知らない人と話した時も、サークル何かやってるの?と聞かれて軽音楽やってると答えると、''そんな風に見えない''みたいな反応される。

高校のときもバンドやってるって言ったら、''そんな風に見えない''。中学まではサッカー部だったっていうと、''そんな風に見えない''。

中学のときも、話したことない女子と会話した時にサッカー部って言ったら''嘘でしょ''くらいに言われた。


前に一度、どんな人に見えるのか聞き返してみたら

「う~ん...」

なんじゃそりゃ

人は見かけによらないけど、見た目の印象と性格はけっこう一致すると思っている。

だから人は見た目の雰囲気でまず接し方を考えるんだろうけど、そこにギャップがあった場合、接し方を見つけるまでに時間がかかるから敬遠されがちになるのかな?


自分はあまり考えている事とかが読まれない、悪く言えば「あいつなに考えてるかわからない」の人だと思われているような気がする。

ただ翻って考えてみると過去に3人だけ、自分の考えや、行動の意図を読まれる人がいた。
人を扱う立場になることが多かったのに、その人たちは僕のハンドルを簡単に見つけたのである。

あの3人と僕は、性格も違っていたり似ていたり、ばらばらだけど。
何か僕に似ていた気がする、どこか。