読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんじつ

一年前の今頃どんなこと書いてたかなって見返してみたら「星座は地球を飛び出した」ってのがあった。

 

読んでみると、その中に昨日見た夢の話が書いてある。

 

それについていろいろ書いてあったけど

今思えば、その夢の内容が全てだったというか、夢のほうが現実を知っていたというか。

 

そもそも存在しなかった理想を信じて、気づかないふりをして生きている姿をみて

 

今すぐ過去に戻って救ってあげたい

そんな気分になりました。

 

 

あの頃から一年後の今はリオオリンピックがやってて、同い年の水泳選手が金メダルを取ったよ。

 

本当にすごい、おそらく僕は彼以上に練習を重ねても、どう足掻いても、彼みたいにはなれないだろう。

 

僕は一番になることが幸せの形だなんて思ってない。

 

僕は一番になったことじゃなくて、信じて進める場所があることが羨ましいんだ。

公園で砂山をつくって、その上に立って満足していたいんだ。

 

からっぽでむなしい、ただそれだけで何も出来ないし何もしない、いつかはずっと来ない。

 

 

だから、優しくしないでほしい、褒めないでほしい、心配しないでほしい、軽い言葉もかけないでほしい。

だって何もないから、何もないって知ってるから。

全部嘘に聞こえるし、励まされたところで何を励ましているのかが分からないから表面的にしか聞こえない。

放っといてほしい、探さないでほしい、悲しまないでほしい、気安く触れないでほしい。

 

全部自分勝手ってことは分かってます。

でも今はこう思うことしかできないんです。

 

 

何度だってやり直せるって本当?

 

自由の中で呼吸はできないでしょ。