読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光景

福島から引っ越した小学生がいじめられていたというニュースがあった。

「金よこせ、ばいしょう金あるんだろ」って

こころはどこにあるの?

 

 

いじめなんてなくならないよ

この世のふびょうどうがぜんぶなくなって

ぜんぶの人があくいをおしころすなんて

とうてい無理なことです

 

 

いじめは良くない

そんなのみんな知ってます。

いじめている人も知ってます。

わかっててやめるならこの世はへいわです。

そんな事言ってもしかたないです。

 

 

 

もう、つよく生きるしかないんです。

みんなを善人にするなんて理想はとうてい手に負えません。

諦めなくては進まないこともあります。

だからそういう奴らからはすぐに逃げることです。なにを言われても。

たたかう方がバカなんです。

たたかったところで負けか引き分け以上の結果は、もうほとんどないです。

勝てないたたかいをするなんてバカなことはしてはいけません。

つよさは、とうぜんのようにたたかわないことを弱いことだと決めつけたような挑発に乗らず、関わらないことを選ぶことです。

 

でも子どもは、いま生きている外のせかいがわからないものです。

どこへ逃げればいいかもわかりません。

自分が正しいのかもわかりません。

だから大人が必要なんです。

 

いじめをなくそうなんて考えないでください。そんなこと無理ですから。

いじめを見てみぬふりをしている人もいじめている人と同じなんて暴論言わないでください。それは大人の責任のがれ以外の何でもありません。

 

 強く生きるしかないんです。

この世は不条理です。

いじめられて、引きこもり、人と話すのが苦手になった人が大人になったら、社会を渡るのには苦労するでしょう。

いじめられていた人は、人の痛みがわかります。僕はそれが人としてとても大切な事だと思います。

でもそれはお金になりません。地位にも名誉にもなりません。

いじめていた奴らは人を傷つけながら楽しそうにのうのうと生きています。

 

いじめられている人の、蓄積した我慢が爆発して、わけわかんなくなって、建物に放火しました。

捕まったその人は放火の理由を「むしゃくしゃしたから」と言いました。

世間はその人を怖いと思うでしょう。

でも僕は、本当に怖いのは、面白がって人をいじめ、そんな事忘れてのうのうと生きている人たちだと思います。 

 

悪いのは誰だよ。

 

 

 

 


f:id:richtersveld_d:20161117011854j:image