読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっとファンタジー

 

 

死への道や、失う悲しみや、輪廻転生なんかについて

どれだけ考えて、まだ生きている僕が生きることに意味を見出だしたとしても 

 

いざ目の前で人が死んでしまうと

それまでの考えなんか無意味にしてしまうほどの悲しみに飲み込まれて

それが薄まるのを、時間がたつのを待つしかない

 

生まれ変わりはあるのかもしれない

でも生まれ変わった先その人が

顔も名前も性格も変わってしまうのなら

結局その人が二度と帰ってこないことに変わりはないよね

 

 

どれだけ考えても

時間でしか解決できないものがあるなんてほんとうに無力だね

 

 

大人になれば理解できちゃうから

諦めるしかないって分かっちゃうから

割りきって受け入れることが出来るようになっちゃうんだね

 

大人になることは辛いことだ

苦しいことだ